精力剤の副作用をしっかりと。安心して精力剤を使うために。

精力増大コラム

いつも精力剤ランキングを見て頂きありがとうございます。最近、当サイトを使って頂いている方々から、精力剤を使うことによって「いつもよりペニスが元気」とか「ペニスサイズが大きくなった」などの報告を頂く機会が増えてきました。

しかし良い薬には副作用というものが必ず付いてくるものです。下半身の悩み解決という望みを叶えるためにはいったいどれくらいのリスクを背負わなくてはいけないのでしょうか?

今回は精力剤を正しく安全に使うためにも精力剤の副作用について正しく知ってもらおうと思います。

副作用が強力な精力剤について

精力剤を使用するにおいて副作用を心配しないといけないものは「病院の処方箋」が必要になるいわゆる医療用の薬に分類されるものです。

おもに泌尿器科や産婦人科などでEDの治療をしている人が使うお薬です。

主な副作用を挙げていきますと

  • 男性ホルモンの自然分泌が難しくなる
  • 体温上昇によるめまい・頭痛・吐き気など
  • 肝臓などに疾患がある場合、使用ができない。

といったケースがあり、薬品全体としても副作用は重い分類に属されます。

これらの精力剤は『強精剤』『勃起薬』などの別名があり購入する前にしっかり確認する必要があります。なお強精剤はホルモンを薬剤でコントロールするもので勃起薬は体温上昇と肝臓への負担が問題視されています。

これらのものは、病院に行って処方箋を貰わないと通常だと手に入れることができないのですがネット通販でだと、海外経由や個人販売店から手軽に買えてしまいます。

副作用を知らずに使ってしまうと取り返しのつかないことに成りかねないので使用上の注意などはしっかりと確認する必要があるのです。

「副作用がない」とされる精力剤は健康食品!?

しかし一般販売されてる精力剤の多くは購入するのに病院からの処方箋は必要なく入手可能です。

これらの精力剤はなぜ処方箋がいらないのかですがそれは「副作用がない」ので危険ではないと、されているからです。

「副作用がない」とはどういうことなのか?

その答えですが、副作用のない精力剤は「健康食品」に分類されるからです。つまりサプリなどの栄養剤と同じ扱いというわけです。

イチオシの精力&ペニス増大サプリは「ヴォルスタービヨンド」です。東も結構飲んでるので是非飲んでみてください(笑)

このタイプの精力剤は『強壮剤』という分類であり『強精剤』『勃起薬』と間違えてしまう事はまず無く安心して使えます。

しかしいくら「副作用がない」とはいいましても、物事には限度があるものです。

例えば一般的なビタミンのサプリにしても一日の許容範囲を超える飲み方をしてしまえば視力や内臓に大きな負担を与えてしまうものがあります。

強壮剤タイプの精力剤もこれと同じです。股間への効き目を逸る気持ちで大量摂取しましても効果が早まるどころが健康を害する危険があります。

「副作用がない」と宣伝されてる精力剤を見つけても用法容量は絶対厳守なのです。

また強壮剤タイプの精力剤は危険度が少なく手軽に使える反面で効果の強さも健康食品止まりに調節されています。

飲めば必ず薬効がでる病院の薬とは違いますから過度な期待もしないようにしてください。

海外製の精力剤は危険!?

この精力剤は効果がない!となってしまう理由は一般精力剤が健康食品止まりの調整となっているからという事なのですが、その悪評を利用して・・・

「日本のは効かないけども、海外の精力剤だから効果が高い!」

という宣伝がされているものがあります。

海外の精力剤ですが、日本では認可が下りてない成分が使える分確かに国内産よりも効き目の強いものがあるのは事実です。しかしその分、副作用のリスクも国内産とは比較になりません。

海外製精力剤の副作用が大きい理由について最期に書いておきます。

認可の下りない成分は非常に危険!

海外の多くは、自己責任の名の下に日本では信じられない危険な行為が黙認されている現状であり精力剤などの薬品も同じ理念で使用されます。

つまり「効果が大きいですが病気になっても責任はとれません」というものが多く出回っているということです。日本国内において、このような製品を手にとってしまう危険はありませんが通販などを利用すれば、その限りではありません。

効果が高くても認定が下りない理由の多くは

  • 発がん性などの問題がある
  • 成分構造が覚せい剤などと同等

となってる場合がほとんどです。下半身のために自分の人生をふいにしないためにも海外製品は選ばないようにしましょう!

材料の原産地がはっきり表記されてない

日本の食品でもたびたび問題になるものに「食品の産地偽装」があります。これらは海外輸入の際のチェックが甘いことで引き起こされる問題です。

海外で調合される精力剤についてですが日本のような管理体制はゼロと考えるべきです。どこどこの汚染地域で採取されたものであっても、構わず加工販売されるのです。

特に中国や中東などは薬事法や管理衛生法などもない無法地帯ですのでどんな害が出るかも分からないものだらけであり購入しては絶対にいけません!

精力剤の副作用についてのまとめ

精力剤の副作用についてですがサプリのように簡単に買えるものは「副作用なし」なので気軽に使いましょう。

しかし買うのに条件があるタイプの精力剤は強力な反面で強い副作用があります。そして海外精力剤は成分不明でどんな副作用があるさえ分かりません。

精力剤の購入前に、その精力剤がどういったものなのかをしっかりと確認してくださいね。

東

精力剤の副作用が多くみられるのは、主に勃起薬に分類される、バイアグラ等の海外の模造品です。「バイアグラのような効果がある!」といった得体の知れないモノは買わないコトをお勧めします!また、この副作用が少ない、所謂、サプリの部分を当サイトでは紹介しています。日頃の精力増強には、精力増大サプリがおすすめですw